明治座11月公演 壇れい主演「恋、燃ゆる」~秋元松代作『おさんの恋』より~

東京都民限定の「もっとTokyo」(都民割)で、お得に観劇鑑賞

  • 本プランは「もっと楽しもう!TokyoTokyo」対象商品です。
  • S席チケットと観劇中に召し上がれる明治座のお弁当もお付けした特別プラン!(※現在、その他の食事の持ち込みは不可となっております。)
  • 正規チケット料金 12,000円(税込)から「もっとTokyo」助成金 2,500円と、サンケイツアーズ割引 1,000円を割り引いた 8,500円さらに、お弁当まで付いたかなりお得なプランとなります。

今の世に改めて問う、禁断の恋と真実の愛。おさんと茂兵衛、許されない二人の物語。

 京都の大店、大経師彩玉堂のおさん(檀れい)は「美人で気立てのよいお内儀」と噂に高い。だが主人の永心(西村まさ彦)は女遊びがやまず、永心の母である刀根(高畑淳子)はおさんを気遣っていた。ある日、手代の茂兵衛(中村橋之助)は店の金をすられるが、永心からは横領を疑われる。さらに、部屋からおさんの櫛が見つかった。茂兵衛はおさんに秘かな恋心を抱き、拾った櫛を大切にしていたのだ。問い詰められた茂兵衛を救おうと、彼に思いを寄せる女中のおたま(多田愛佳)は「自分が拾い、茂兵衛に与えた」と嘘をつく。それを聞いた永心は茂兵衛とおたまに処罰を与える。そんな店の騒動を永心の異母弟、政之助(東啓介)は冷ややかに見つめていた。永心に命じられ納屋に入れられた茂兵衛だが、父が病との報を受け、居ても立ってもいられず彩玉堂を抜け出す。茂兵衛は誓岸寺の住職・宗林(石倉三郎)に相談し、国許に向かうことにするが、おさんがまもなく誓岸寺に墓参りに来ることを知ると?(明治座公式サイトより)

主な出演者

檀れい

中村橋之助、東啓介、多田愛佳、石倉三郎

西村まさ彦

高畑淳子

料金

S席 8,500 円(税込み)

上記金額は正規料金 12,000円から「もっとTokyo」助成金 2,500 円と、サンケイツアーズ割引 1,000円を割り引いた価格となります。

公演日・スケジュール

11月14日(土) 12:00開演

観劇中に召し上がれる明治座のお弁当