【スタイルアップ ③】硬くなった背骨を柔軟に

心地よく胸を開いて指先を遠くへ

【動作】

  1. 両手のひら・両膝を合わせて横向きに寝て、股関節・膝・足首を直角にセットします。
  2. 息を吸い、吐きながら上側の手を横に広げます。目線はその指先を追いかけて。手が床につかなくてもかまいません。心地よく胸が広がるのを感じましょう。1・2 秒キープしたら①に戻して5 回繰り返します。逆側も同様に。
  3. 今度は、頭の上で弧を描くように手を回して胸を開きます。やはり目線は指先を追いかけ、指はできるだけ遠くの床に触れるよう伸ばします。1・2 秒キープしたら同じ軌道で元の姿勢へ。5 回繰り返し、逆側も同様に行います。

【ポイント】

②③ともお腹に力を入れ、腰から下は動かさずに、みぞおちから上をひねってください。膝が開いてしまう方は膝にタオルを挟むとよいでしょう。首がつらい場合は畳んだタオルを頭の下に敷いて行ってください。

【健康メモ】

ずっと座りっぱなしという毎日に肩周り、背中をほぐして美しい姿勢へ

 きれいな姿勢やスタイルを保つには背骨をひねる、反らせるといった動作を日常的に行うことが大切です。ステイホームではどうしても座っている時間が長く、背骨を中心としたさまざまな関節や筋肉が硬くなって姿勢が悪くなりがちです。今回のエクササイズ(②90 / 90 ストレッチ、③アームサークル)は硬くなった背骨を開放し、柔らかく保つことできれいな姿勢へとつなげます。肩こりの解消や腰痛の予防・改善効果も期待できます。②と③を1セットずつでよいので、ぜひ毎日続けて行いましょう。

蓮池拓矢

はすいけ・たくや

1984年、新潟県生まれ。スポーツクラブ ルネサンス
adidas FUNCTIONAL TRAINING 教育トレーナー


《協力》 株式会社ルネサンス
htytps://www.s-re.jp/

もっと輝きたい人のスポーツクラブ
もっともっと、輝きたい。私たちルネサンスは、あなた自身の「ルネサンス」を応援し続けます。
さあ、ルネサンスで、楽しくフィットネスライフを始めてみませんか。
私たちが皆さんの目的地までしっかりとナビゲートさせていただきます。