【たるみ部位の改善 】薄着の季節を前に気になる部位の引き締め

二の腕の引き締め

①四つ這いになり、500mlのペットボトルを片手で持ちます。肘を曲げて準備しますが、肘は直角よりも少し広めにします。
②肘を支点に腕を上げていき、伸ばし切ります。このとき、脇が開かないよう注意しましょう。腕を伸ばしきったら、①の状態に戻ります。これを10 ~ 15回程度繰り返し、腕を替えて同様に行うことで、二の腕の引き締め効果が期待できます。

おなかの引き締め

①床にあおむけになり、足を腰幅程度に開いて膝を立てます。両腕を伸ばし、手を太ももに軽く添えておきましょう。
②おへそを支点にするイメージで、可能な限り上体を起こしていきます。起こした上体とともに前方に移動する指先を視線で追うように背中を丸めると、より効果的です。これを10 ~ 15繰り返すことで、おなかの引き締め効果が期待できます。

ウエストの引き締め

①床にあおむけになり、両足を浮かしてそろえ、足の付け根と膝を直角に曲げておきます。両手は頭の下に添えておきます。
②片方の肩を浮かせ肘を内側に寄せると同時に、反対側の足を引き付け、肘と膝をできるだけ近づけます。一方の足は、膝を伸ばしてバランスを取りましょう。①に戻ったら、左右を変えて逆のひねり運動を行います。左右で1回とし、10 ~ 15回程度行います。

【健康メモ】

食事制限だけによるダイエットでは理想的なスタイルを維持できない

 筋肉は、均整の取れた健康的な身体を作る上で、欠かせません。そのため、食事制限だけによるダイエットでは、大切な筋肉が落ちやすく、メリハリのある引き締まったスタイルにはなりません。しっかりと栄養を摂取した上で、適度な運動でカロリーを消費しつつ、筋肉を付けていく。これこそが、健康的な身体を作る上では必要不可欠であり、また、理想的なスタイルを維持する秘訣といえるでしょう。

蓮池拓矢

はすいけ・たくや

1984年、新潟県生まれ。スポーツクラブ ルネサンス
adidas FUNCTIONAL TRAINING 教育トレーナー


《協力》 株式会社ルネサンス
htytps://www.s-re.jp/

もっと輝きたい人のスポーツクラブ
もっともっと、輝きたい。私たちルネサンスは、あなた自身の「ルネサンス」を応援し続けます。
さあ、ルネサンスで、楽しくフィットネスライフを始めてみませんか。
私たちが皆さんの目的地までしっかりとナビゲートさせていただきます。